内田裕也が病気で死去が近い?樹木希林との壮絶な結婚生活と最期が感動!

 

2018年9月15日に女優の樹木希林さんが亡くなりましたね。

樹木希林さんは、5年前に「全身ガン」だということを宣告してから、長い間ガンと戦い続けてきました。

最近では、カンヌ国際映画祭でも最高賞を受賞した「万引き家族」に出演ししっかりと味のある演技をされてましたが、まさか現実でも亡くなられるとは思いもしませんでしたね。

最期は自宅で家族に看取られて静かに息を引き取ったそうです。

 

樹木希林さんの夫である内田裕也さんも、樹木希林さんの訃報を聞くと、かなり大きなショックを受けており心の整理がつかない状態のようです。

多くの報道陣が内田裕也さんの自宅へ押しかけたようですが、呼び鈴を鳴らしても返答はないそう。

 

そんな内田裕也さんですが、実は内田裕也さんも病気なのでは?という噂が立っています。

しかも死去!?という噂まで立っていました。

 

今回は、そんな内田裕也さんの死去が近いという噂の真相についてや、樹木希林さんと内田裕也さんとの壮絶な結婚生活からその最後までもみて見ていきたい思います。

 

内田裕也の若い頃(昔)の画像がヤバい!樹木希林との世にも不思議な結婚生活とは?

2019.03.19
[quads id=2]

 

内田裕也が病気で死去が近い?その真相について

さてそれでは本当に内田裕也さんは病気で死去が近いのでしょうか?

確かに、内田裕也もミュージシャンと言えどもすでに78歳。

この歳になると免疫力も低下し、病気や怪我も多くなってきますよね。

 

ネットで「内田裕也」と検索してみると、関連キーワードで「内田裕也 病気」と出てきます。

さらには「内田裕也 死去」というキーワードも!

実際に、調べてみると、病気の情報は見当たりませんでしたが、2017年の夏頃に転倒し右足甲を骨折していました。

さらにそれとは別に肋骨にもヒビが入っていたそう。

 

そのためしばらくは歩くことができず車椅子での生活を送っていたそうです。

最終的には完治した後も、リハビリのために1ヶ月入院していたみたいですね。

ただ、特に命には別状があったわけではなく、死去というキーワードがなぜされているのかはわからずじまいですね。

おそらく妻の樹木希林さんが亡くなったことで検索されたのではないでしょうか?

 

※2019年3月17日、ロック歌手で俳優としても活躍していた内田裕也さんが、肺炎により実際に亡くなりました。

近年、病気や怪我に苦しんでおり、年々、体力が落ちていった裕也さんでしたが、やはり今回亡くなってしまった原因には、2018年に亡くなった樹木希林さんの影響が強かったのではないでしょうか。

そんなお二人の素敵な夫婦関系を調べたところ想像以上に不思議なものでした。

樹木希林と内田裕也の壮絶な結婚生活とは?

樹木希林さんと内田裕也さんの結婚生活はかなり壮絶なものでした。

結婚生活がスタートするとわずか2年で別居し、それから今の今まで約30年以上の別居生活を送っていました。

過去には内田裕也さんのDVや浮気、スキャンダルの他に警察沙汰になるほどの大喧嘩などもあったそう。

 

別居後、内田裕也さんは区役所に離婚届を提出したそうなんですが、樹木希林さんは離婚を認めず離婚無効との判決が下されてしまいました。

なんとも不思議な状況ですよね。DVされて別居中だというのに離婚を拒否した樹木希林さん、やはり何があっても見えない夫婦の絆というものがあるのでしょうか?

そんなわけで、なんだかんだ仲の良いお二人は、別居中のものの連絡を取り合ったり、食事にもいったりしてたそうです。

なんだか凄い不思議だけど素敵な夫婦ですよね。理想の夫婦と言われているのもわからなくないです。

 

内田裕也の若い頃(昔)の画像がヤバい!樹木希林との世にも不思議な結婚生活とは?

2019.03.19
[quads id=1]

樹木希林が死去する前の最期が感動的だった!?

樹木希林さんが亡くなる前の2017年1月の週刊女性のインタビューで、自身の最期には、内田裕也さんの歌う『朝日のあたる家』を聴いて逝きたいというふうに発言していました。

最期ぐらいは花を持たせてあげないと、怒るだろうと思って。まぁ、歌自体がいい歌だしね。私が先にボケると信じてるので、もし、裕也さんが最期に駆けつけてくれたら、“まぁ、ご親切にしていただいて。……ところでおたくどちらさま?”と言って死ぬのが理想なんですよ。ただ、本当は向こうが先に逝かないとあとが困るかなぁという心配もあるんですけどね。向こうは向こうで“おまえ、ハンコのあり場所だけはちゃんとしとけよ”って言ってるから、自分のほうが長く生きるつもりらしいですよ

本当に素敵な夫婦ですよね。

お互いを本当の意味でわかりあっているからこそなのかもしれません。

 

そして、2018年8月に樹木希林さんが大腿骨を骨折し、入院してしまいました。

その当時、樹木希林さんからお見舞いに来れなかった内田裕也さんに一報。

 

そこで放った言葉が、「いろいろ悪かったね・・・」だったそうです。

もしかしたら、樹木希林さんはそこで最期を悟っていたのかもしれませんね。

 

そして、内田裕也さんの返した言葉が、「こちらこそ悪かったね・・・」だったそう。

とお互いに何か感じるものがあったのかもしれません。

こうやって正直に言い合える関係って本当に羨ましいです。

 

内田裕也さんは、樹木希林さんが亡くなってしまいこれから寂しくなるとは思いますが、お体に気をつけて欲しいですね。