TwitterのDMが届かない・送れない?通信障害でネット炎上!直す対処方法は?

2020年4月29日頃、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)が「相手に送信しても届かない」「相手に送信したいけど送れない」と言った通信障害が多くのユーザーの間で発生しており、「DMの調子がおかしい」「なんかDMがバグっとる」などの声が増え続けています。

このTwitter公式アカウントの投稿を訳すると「現在、ダイレクトメッセージの受信通知は確認できるけど、メッセージの内容が表示されない不具合が発生しております。修復したら改めてお知らせいたします」と謝罪してます。

この新型コロナの時期で外出自粛が続いてる状態と伴い、大量のアクセスが一斉に集中している原因で、他のネットサイトや通販の公式サイトでも通信障害やサーバーダウンが発生してます。

そこで、ネットで調べたところ、どうやら直った人もいるようです。

 

今回は午前5時ぐらいに通信障害が発生し始まったようです。

今回は、TwitterのDMの通信障害の原因や直す対処方法について、まとめて行きたいと思います。

Twitterってどんなアプリ?

Twitterは現在世界中で、3億3,000万人のユーザーがいるようで、日本では34百万人のユーザーがいるようです。10代~20代の若年層のユーザーが多いいらしいです。

Twitterは「世の中のトレンド」が分かるSNSで、最近のニュースやトレンド情報などを、今起きてる事をリアルタイムで知る事ができたり、自分の趣味や好きな事から検索して、世界中の人達と繋がる事ができるそうです。

TwitterのDMが届かない・送れない原因は?

2020年4月29日頃、TwitterのDM機能でメッセージを送っても、相手に届かなかったり、送っても既読がつかないという問題が発生してます。

DMの送信がエラーなく成功しているように見えても、どういうわけか相手には届いてないそうです。

原因は?

Twitterで報告されるには、大きく分けて2種類あります。

それはユーザからの不具合報告で発覚する、アップデートによる不具合、そして大量のアクセスが一斉に集中した時の場合です。

 

最近この似たような問題が他のサイトや通販サイトで発生しており、ニュースで報じれれてます。この新型コロナの影響で外出自粛を要請し、普段使うユーザーがの滞在時間が増えてる事がなりかねません。なので大量のアクセスが一斉に集中したと予想付きます。

TwitterのDMが届かない・送れない対処方法とは?

今回、このTwitterの不具合に対処できる、ちょっとした裏技を紹介していきたいと思います。

この方法は、他のSNSサイトが通信障害が発生しても、お役に立つのではないかと思います。

TwitterのDMバグの対処方法のまとめ

・パソコンのブラウザ版(できればパソコン)でDMを確認する

スマホのアプリ版でログインしてる方は、一回アプリを消して、ブラウザー版でログインして確認すると良いでしょう。

*時々、スマホでログインしてもや、DMが直らない場合もあるので、大きいパソコンでブラウザー版からログインすると良い  でしょう。

スマホとアプリを更新する

スマホとアプリをまだ更新されたてない方は、まず更新してから確認するのをお勧めします。

・スマホの再起動

スマホの電源を落として、再度電源を入れ直す再起動もお勧めします。

 

以上の方法でもしもダメだった場合は、復旧するまでしばらく待ってください。

他のSNSでメッセージを送ったり、使った事のないSNSを始めるきっかけにすると良いかもしれませんね。

なので、明日以降には必ず直ってると思うので、ご安心してください

TwitterのDMが届かない・送れない通信障害は過去にもあった?!

Twitterでは、過去にDMバグの不具合があったようです。

訳すると「ダイレクトメッセージの配信と通知に不具合が起きています。修復に取り組んでおりますので、しばらくお待ちください。わかり次第、こちらにアップデートいたします」と謝罪したしそうです。

 

今回の件は、この外出自粛で時間が空き、レツウィートやDMが更に激しくなて、サーバーが重くなって通信障害になったのではないかと思います。

ネット上の反応は?