鶴田三侑人(つるたみゆと)容疑者の大学や高校は?体液をかけた犯行動機は?

12月18日、JR南武線の電車内で女子高生に体液をかけたとして、私立大学4年の鶴田三侑人(つるたみゆと)容疑者(22)が逮捕されました。

体液ですから痴漢どころの騒ぎじゃありません。とんだ変態がいたものですが、逮捕されてよかったですね。

今回は、そんな鶴田三侑人(つるたみゆと)容疑者の大学名や高校、また犯行動機についてもまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

鶴田三侑人(つるたみゆと)容疑者が女子高生に体液をかけ逮捕

さて、今回起こった事件の概要ですが、

12月18日、JR南武線の中野島駅から登戸駅を走行中の電車内で、東京・町田市に住む私立大学4年の鶴田三侑人容疑者(22)が高校2年の女子高生の制服に自分の体液をかけたとして逮捕されたそうです。

その女子高生と一緒にいた同級生が、鶴田三侑人容疑者が下半身を露出していることから事件が発覚しました。

まあ大学4年生ですから立派な大人です。その異常な性癖なのか?女子高生マニアなのか?は知りませんが、欲望を抑えられなかったみたいですね。

下半身を出していて他の人に気づかれなかったのは、車内にはほとんど人がいなかったのでしょうか。

 

現在、鶴田容疑者は取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めています。

また、川崎市内では、これまでにも同様の被害が複数件起きており、警察は、鶴田容疑者の余罪の可能性もあるとして調査を進めているようです。

一度やってそれが癖になってしまい、やめられなくなってしまった可能性はありますね。

親御さん達が今回の事件のことを知ったらどう思うのでしょうか。

具体的に体液とは?

体液といっても色々考えられるものはありますが、具体的に体液とはどのようなものだったのでしょうか?

マスコミやメディアでは、この”体液”という表現は自主規制の意味も込めており、具体的には”精液”ことを示すようです。

もちろん他の意味の可能性もありますが、9割方が”性液”という意味らしいです。

まあ今回の事件も、「鶴田容疑者が下半身を露出していた」ことが明らかになっているので、おそらく”体液”とは”精液”のことを意味しているのだと思います。

どのような手口でかけたのでしょうか?電車内でそのような犯行に及ぶなんて非常に浅はかですね。

 

ちなみに残りの1割は唾液や尿などの意味があり、こちらは放送禁止用語ではないのですが、あくまで自主規制する場合があり、判断は視聴者さんに任せているのだそうです。

 

スポンサーリンク

鶴田三侑人(つるたみゆと)容疑者のプロフィール(大学・高校)

本名  鶴田三侑人(つるた みゆと)
生年月日  不明
年齢  22歳(2018年12月時点)
在住  東京都町田市
職業  大学生

 

鶴田三侑人の大学・高校は?

鶴田三侑人容疑者の高校や大学はどちらもまだ明らかになっていません。

ごく普通の一般人であるため、詳しい個人情報は開示されていないのでそれは仕方がないことでしょう。

しかし、鶴田容疑者は東京都町田市に在住であるため、もし実家住まいである場合は、高校は町田市内の高校に通っていたとも考えられます。

もちろん他の市の高校である可能性も十分考えられますが、それでもやはり町田市周辺の地域なのではないでしょうか。

 

また現在在学中の大学については、今回の犯行がJR南武線の中野島駅から登戸駅の間で行われていることから、川崎市内にある可能性が高いのではないでしょうか。

また、鶴田容疑者と確定されたわけではないですが、同様の犯行が同じ川崎市で行われているあたりから、やはり川崎市によく行く機会があると考えられます。

町田市在住であれば、川崎市は隣の市でもあるので通うことが十分できる距離です。そういった理由からも川崎市内の大学である可能性が高いですね。

 

どうでもいいですが、今回の事件で鶴田容疑者の顔が全国に公開されてしまっているので、今後大学に通う時も、周りから白い目で見られてかもしれません。

もし、鶴田容疑者に彼女がいた場合は、今回の件がきっかけで破局してしまう可能性もあります。

やはり、そういったこともしっかりと考えて自身の行動には責任を待たなくてはいけませんね。

 

鶴田三侑人(つるたみゆと)容疑者の体液をかけた犯行動機は?

鶴田三侑人容疑者の今回の事件の犯行動機とはどのようなものだったのでしょう?

おそらく最初はもっと別のことからがきっかけだったように考えられます。そこからどんどんエスカレートしていって、女子高生にかけるといった事件に発展していってしまったのではないでしょうか。

今回の件は、女子高生がかけられたという事件でしたが、おそらく今回が初めてではなかったと思います。人にかけるといったことではなかったかもしれませんが、物にかけたり、外でしたりとわかりませんが、そのようなことが積み重なりやめられなくなってしまったと考えられます。

やっちゃいけないダメなことだととわかっていてもそこに快感を覚えてしまったんでしょう。

そんなことで人生を棒に降るなんて非常に勿体無いです。今後は2度とそのようなことがないように気をつけて欲しいですね。