塚原千恵子 昔は美人だった!?若い頃の画像や経歴など現在と比較してみた!

 

今話題となっている日本体操協会パワハラ問題

今回の件で体操協会の知られざる闇が発覚しましたよね!

 

その会長を務めているのが塚原千恵子さん。

いかにも怖そうな感じで威圧感がありますよね。まさにドンって感じです。

 

そんな塚原千恵子さんですが、

一部の噂では昔、若い頃は美人だったという情報が浮上しています。

塚原さんの若い頃といえば、「体操の女王」とも呼ばれ、五輪にも出場した体操選手でした。

 

今回はそんな噂の真相も含め、

塚原千恵子さん若い頃の画像や過去の経歴、現在の体操指導者しての実力などを

詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

塚原千恵子のプロフィール

主なプロフィール

本名:塚原千恵子(つかはら ちえこ)

旧姓:小田(おだ)

生年月日:1947年8月12日(71歳)

出身:長崎県

身長:155cm

最終学歴:日本体育大学

 

塚原千恵子の昔(若い頃)画像は?

では早速、

気になる塚原千恵子さんの昔(若い頃)の画像を調べていきたいと思います。

 

調べてみたところ・・・。

→塚原千恵子の昔の画像

少し小さい画像で申し訳ないのですが、

今の所しっかりとした画像が見つからなかったので、見つかり次第随時更新していきますね。

 

ですが、今とは想像がつかないぐらいスリムで、確かに少し美人のように見えます。

 

塚原千恵子さんも現役体操選手の頃は、

普通の人では考えられないぐらい努力して頑張っていたんでしょうね。

 

塚原千恵子さんの過去の経歴!

塚原千恵子さんは、長崎出身の元体操選手で現役時代は

体操の女王」とも言われる実力は相当なものでした。

現在は50年以上も指導者としてプロの体操選手を指導しています。

 

そんな塚原さんの詳しい経歴を見ていきましょう。

 

地元長崎県の県立高校である長崎西高等学校を卒業後、

日本体育大学に進学しました。

 

高校時代にはすでに体操選手としての実力は凄く、大学も推薦で入学したそうです。

 

その後、体操選手としてさまざまな大会で結果残していきます。

主な経歴がこちら。

1967年 全日本体操選手権で優勝

1967年 全日本選手権で5位

1967年 夏季ユニバーシアード女子団体で金メダル獲得

1968年 メキシコ五輪:女子個人総合19位、女子団体4位

1969年 全日本体操選手権で優勝

1969年 全日本学生体操選手権で優勝

1969年 NHK杯で優勝

1970年 世界体操選手権で女子団体4位

1972年 現役を引退して体操選手の塚原光男と結婚、体操指導者して転向する

 

その後は、体操女子強化本部長朝日生命体操クラブ女子チーム監督に就任します。

引用元:Wikipedia

 

素晴らしい経歴ですよね。

多くの実績を残しているからこそ、今の地位を得ているのにも納得がいきます。

スポンサーリンク

塚原千恵子の指導者としての実力はどうなの?

そして現役引退後は、塚原千恵子さんの体操指導者としての人生が始まりました。

もうすでに50年以上も現役で指導者として女子体操のトップに君臨しています。

 

50年間以上も現役で指導し続けてきているなんてすごいですよね。

個人的には今回の件もあるのでそろそろ引退してもいんじゃないか?とも思いますが、、笑

 

ともあれ体操界の中では物凄い人というのはよく分かりましたが、

実際のところ指導者としての実力はどれほどのものなんでしょうか?

 

塚原千恵子さんは指導者としての実力も物凄いそうです。

 

過去には指導者として

1976年 モントリオールオリンピック、

1984年 ロサンゼルスオリンピック

1988年 ソウルオリンピック体操女子チームリーダー

2008年 北京オリンピック体操女子監督

 

と今までの女子体操オリンピックにはほとんど関与してきたそうで、

指導者としての実力がどれほど凄いかがよく分かります。

 

ただ性格もかなり自画が強いところがあるらしく、

過去には日本協会とも対立をしていたり、

審判の採点に納得いかなかったため、自分のクラブの選手を途中でボイコットさせたりなどと

昔から指導者としていろいろ問題を起こしていた過去があるみたいです。

 

現在では権力もあるため、

今回のパワハラ問題が起こる以前も相当な独裁政治があったのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は塚原千恵子さん昔(若い頃)の画像や過去の経歴、

指導者としての実力について調べていきました。

 

現在はとても威圧感があり少し怖そうな印象がありますが、

昔はとてもスリムで美人でしたね。

 

また体操選手としても指導者としても実力は相当なものだということがわかりました。

実力があったからこそ誰も塚原千恵子さんに対して逆らえなくなってしまったのかもしれません。

 

東京オリンピックも近いので、しっかりとクリーンな体操協会を作って

選手も過ごしやすい環境を作り上げて欲しいです。

スポンサーリンク