新紙幣(日本)はいつから刷新・発行予定?変更理由やデザインがダサいなどまとめ

2019年4月1日の新元号発表に続き、9日、日本紙幣も新たな新紙幣が刷新・発行されることが発表されましたね。

前回、日本紙幣が刷新されたのは、2004年だそうで、実に20年ぶりのこととなる予定です。

また、今回新たに刷新されるのは、一万円、五千円、千円の紙幣と500円貨幣で、それぞれのデザインは、渋沢栄一津田梅子北里柴三郎の人物の顔になることが決定しました。

 

さあ元号も紙幣も新しくなるとのことで、2020年には東京オリンピックも控えており、ますます新時代に向けてのスタートといった感じになってきましたね。

今後の未来がますます楽しみになってきました。

さて、ということで、今回は、新日本紙幣がいつから刷新・発行予定なのか?発行する理由は?デザインがダサいなどの件についてまとめていきたいと思います。

 

HUAWEI(ファーウェイ)の余計な物とは?本当にスマホは危険なのか

2018.12.09
スポンサーリンク

 

日本が新元号に引き続き新紙幣を刷新することを発表!


2019年4月9日、日本政府が、日本の新紙幣を刷新することが明らかになりました。

今回、刷新される予定なのは、 一万円、五千円、千円の紙幣と500円貨幣とのことで、それぞれすでにデザインも決定しているようです。

紙幣に起用する予定の人物は、一万円札に渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎、とどれも明治時代以降の日本の発展に大きく貢献して人物たちでもあります。

 

いきなりの発表でかなり驚きました。今では馴染みのある現在の紙幣も数年後には過去の紙幣となってしまうようです。なんだか少し寂しいですね。

特に1万円札は、描かれている人物が福沢諭吉ということもあり、1万円札のことを諭吉なんて表現することもあります。それがこれからは渋沢なんて呼ばれるようになるのかもしれませんね。

 

日本の新紙幣のデザインは?

では一体、今回新たに刷新される予定の新紙幣はどのようなデザインになるのでしょうか?

こちらがその新紙幣の画像になります。

出典元:BIGLOBEニュース

なんだかまだ見慣れていないせいか少し違和感がありますね。

それに今までとは違い、数字の部分のフォントが変わっているなどと今までの紙幣のデザインとはかなり違う部分もあるようです。

また、ネット上では少しダサいなんて意見もあり、外国紙幣のようなデザインになったなんて意見もあるようです。

確かに、日本らしいカッコイイ感じのデザインではないような気がしますね。

 

今回のデザイン変更によって起用される人物も以下のように生まれ変わります。

  • 一万円札:福沢諭吉 → 渋沢栄一
  • 五千円札:樋口一葉 → 津田梅子
  • 千円札:野口英世 → 北里柴三郎

 

ちなみに裏面には、

  • 一万円札:東京駅
  • 五千円札:花のフジ
  • 千円札:葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」

の図柄が採用されるようです。

渋沢栄一とは?

渋沢栄一さんは、江戸時代末期、天保11年(1840年)に現在の埼玉県に相当する武蔵国の裕福な農家で生まれました。幼い頃から家業である藍玉の製造・販売・養蚕を手伝い、父の市郎右衛門からは学問などを学びました。

20代の頃には、江戸幕府15代将軍である一橋慶喜(当時は徳川慶喜)に仕え、幕臣としてパリ万国博に派遣されたそう。

また、明治維新後には、大蔵省に勤めており、貨幣や銀行の制度の調査立案を手がけました。その後、第一国立銀行をはじめ約500社の企業設立にかかわり、富岡製糸場設置主任として製糸場設立にも貢献しました。

そうした後に、渋沢栄一さんは、「日本の資本主義の父」と呼ばれるほど、近代日本経済を築き上げた人物として広く知られるようになりました。

 

津田梅子とは?

津田梅子さんは、1864年、農学者として活躍した津田仙の次女として江戸に生まれました。

ちょうど6歳だった頃の1871年、岩倉使節団に同行して渡米し、日本で初めての女子留学生となったそう。

その11年後の1882年に日本へ帰国し、渡米していた経験や華族女学校の教授などを経て1900年、私塾「女子英学塾」(現在は津田塾大学)を創立し、

開校式では、「All Round Women(オールラウンドウィメン)」という英語力だけでなく高い教養を身につけた女性を目指すよう話したそうです。

主に女性の教育と地位・身分向上などに積極的に貢献し、「女子専門教育の先駆者」とも呼ばれるようになりました。

 

北里柴三郎とは?

北里柴三郎さんは、1853年1月29日に熊本県阿蘇郡小国町で誕生しました。

1871年、当時18歳の頃に熊本大学医学部(当時は熊本医学校)に入学し、教師マンスフェルトと出会った事をきっかけとして本格的に医学に道へ進むことを決意しました。

その後、東京大学医学部(当時は東京医学校)を卒業し、86年から6年間、医学の本場であるドイツへ留学を果たしています。

1869年には、ドイツ留学中に、破傷風菌の純粋培養に成功し、破傷風菌の毒素を弱める「抗毒素(抗体)」を血液中から発見したことで、注射することで感染症の症状を抑える「血清療法」を切り開きました。

それらの功績から、「日本の細菌学の父」と呼ばれるようになり、伝染病研究所(現在は東京大学医科学研究所)を設立するなどもしています。

 

この3人の人物を新紙幣の肖像として起用した理由について、麻生太郎財務相は「新たな産業の育成、女性活躍、科学技術の発展など現代にも通じる諸課題に尽力し、新元号のもとでの新しい日本銀行券にふさわしい人物だ」と話していました。

確かにどの人物たちも現在の日本を築き上げる上で、必要不可欠であったことは間違いなさそうです。

今回の新たに新紙幣として起用されることでその功績がより多くの人たちに知られ、評価されるのではないでしょうか。

 

ちなみに過去の紙幣として起用された肖像はこのように変化しています。

  • 一万円札:1958年 聖徳太子 → 1984年 福沢諭吉 → 2004年 福沢諭吉 
  • 五千円札:1957年 聖徳太子 → 1984年 新渡戸稲造 → 2004年 樋口一葉
  • 千円札:1950年 聖徳太子 → 1963年 伊藤博文 → 1984年 夏目漱石 → 2004年 野口英世

1万円札の福沢諭吉は、周りのデザインは変わるものの1984年から約40年間ほど肖像として起用され続けていました。

 

新紙幣はいつから刷新・発行予定?


さて、そんなわけで、今後徐々に新紙幣へと変更されていくわけですが、具体的にいつ頃から刷新される予定なのでしょうか。

新紙幣は、20年周期ごとに新たに紙幣が刷新されているということで、2024年に刷新・発行予定だそうです。

前回の刷新は、2004年11月頃からだったので、ちょうど20年経ちますね。

 

刷新されるといってもなんだかんで、まだあと5年後ということで、最終調整を行うそうです。

個人的には、もう少し紙幣のデザインの見直しをしてもらいたいです。何でもかんでも外国に寄せればいいってもんでもない気がします。

せっかく変わるんだったら今までにないカッコいいデザインがいいですよね。

 

なぜ日本政府は新紙幣を刷新するのか?

さて、新紙幣発行が決定されると同時に、なぜわざわざ新しい紙幣を刷新するのか?ということが気になった人も少なくないかもしれません。

当然、刷新するための理由があるわけですが、主な一番の理由は、偽造防止のためだそうです。

日本では、およそ20年周期で新しいデザインに変更するということをしており、前回、刷新したのが2004年の11月であるため、約20年後の2024年に新紙幣に変更するということだそう。

ということは、2044年にもまた、新たに紙幣が発行されるということになりますよね。まあそれはかなり先の話になりますが。

 

偽造防止のために、20周期に一度と変更なんて、約20年間も偽造されないで済むんですね。それだけ日本の技術は凄いということです。中国なんてバンバン偽造されちゃってますから。

 

スポンサーリンク

新紙幣刷新に対するネット上の声は?