佐藤バラン伊里(芹香)・ジェネシスヘルスケア代表の顔画像や経歴!経歴詐称でニセ医者疑惑!?

楽天の法人向け新型コロナウイルスのPCR検査キットを開発・製造している「ジェネシスヘルスケア

どうやら2020年4月27日、そんなジェネシスヘルスケアの代表である佐藤バラン伊里(芹香)さんが経歴詐称をしているということを文春が明らかにしました。

報道では、この疑惑を受けて楽天は、佐藤バラン伊里(芹香)さんを代表から退任させる方向で進めているということです。

 

現在、世界中で大きな問題となっているコロナウィルスですが、そのコロナウィルスを検査するための検査キットを開発している代表が、経歴詐称となるとかなり不安です。

人の命に携わる医師が、経歴詐称で世間を騙していたとなれば、もう一気に信用できなくなってしまいますね。

そんわけで今回は、ジェネシスヘルスケア代表の佐藤バラン伊里(芹香)さんの経歴詐称についてや、実際の経歴・顔画像などWIKIプロフィールについてもまとめていきたいと思います。

 

佐藤バラン伊里(芹香)・ジェネシスヘルスケア代表が過去に経歴詐称で退任!?

楽天の法人向け新型コロナウイルスのPCR検査キットを開発・製造している「ジェネシスヘルスケア

2020年4月27日、そんなジェネシスヘルスケアの代表である佐藤バラン伊里(芹香)さんが過去に経歴詐称をしているということを文春オンラインが明らかにしました。

 

2004年、佐藤バラン伊里(芹香)さんは、は夫とともに、G社の前身となる「日本ウェイトマネージメント」を創業。

佐藤さんは、過去に「佐藤芹香」という名前でメディアで活動しており、数々の女性誌や「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)にも出演するなど、一躍時の人となったそうで、

2004年には、自身が提唱した「遺伝子型ダイエット」が大きなブームなるなど、医師として大きな活躍を果たしていました。

 

そんな佐藤バラン伊里(芹香)さんの経歴疑惑が浮場した最初のきっかけというのが、

当時、自身の経歴について「米国の心臓外科医」、「21歳で米コーネル大学の医学部と政治学部を卒業した」などと話していたことだったようです。

 

その経歴について怪しいと思った「週刊文春」は、その経歴についてに取材したそうで、

実際にコーネル大学に佐藤氏の旧姓など考えられうるすべてを照会したところ、「在校生でも卒業生でもない。医師免許も保有していない」と回答され、

さらには、当時の同大学医学部心臓外科部長も「名前を聞いたこともないし、いたこともない」と話していたようです。

この内容について、「週刊文春」は、2006年11月9日号で「 遺伝子ダイエット カリスマ女医『ニセ医者疑惑』 」と題する記事を掲載していました。

 

この経歴詐称疑惑に対して、佐藤バラン伊里さんは、

誰が言っているんですか。私の仕事は医療分野なので素人ではできない。外野の素人が常識的に語れるものでもない」と詐称疑惑について否定しているそう。

また、リストに名前がないのは、姓名が違うからだとか、スペルが間違っているからなどと様々な言い訳をし、しまいには、「アメリカでは“本名”が一番大事な個人情報」と言い放ったそうです。

 

今回のこのような佐藤バラン伊里さんの経歴詐称疑惑を受けて、楽天は、「命に関わる医療でウソはあってはならない。現在、佐藤氏を退任させる方向で調整しています」とコメントし、代表を退任させる方針だと発表しているようです。

 

なんだか言い訳が見苦しいあたりや、コロコロ変わるあたりが怪しいです。

実際に、コーネル大学に在籍していなかったとなれば、医師免許も持っていないこととなりますが、そうなった場合かなり大問題ですよね。

ジェネシスヘルスケアの代表を退任するだけでなく、業界からすぐさま退いてもらわないといけません。

佐藤バラン伊里(芹香)・ジェネシスヘルスケア代表の顔画像や経歴は?

名前  佐藤バラン伊里(偽名:佐藤芹香)
生年月日  1969年
出身地  日本
年齢  50歳 or 51歳

佐藤バラン伊里(芹香)の学歴

  • 1991年:コーネル大学政治学部・医学部卒業
  • 2000年:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)
  • 2004年:早稲田大学大学院博士後期課程(PHD)修了

佐藤バラン伊里(芹香)の経歴

    • 2000年:UBSキャピタル部門の在日責任者に
    • 2004年:日本ウェイトマネージメント設立

健康増進・減量プログラムを提唱

  • 2005年:著書「遺伝子型ダイエット」発売
  • 2007年:ジェネシスヘルスケア株式会社の代表辞任
  • 2014年:ジェネシスヘルスケア株式会社の再び代表就任

さて、過去には、素晴らしい経歴や学歴をお持ちの佐藤バラン伊里さん。

経歴が万が一本当であれば、コーネル大学の政治学部・医学部を同時に専攻し、21歳で卒業ということとなりますね。

日本へ帰国後は、早稲田大学大学院のアジア太平洋研究科博士を終了するなどしています。

 

その後は、クレディスイス投資顧問会社で日本株ファンドマネージャーやシニアアナリストとして従事。

また、UBS証券会社のプライベートエクイティを行うUBSキャピタル部門のディレクターとしても活躍したりなど、幅広い活動をしているようですね。

高機能自閉症の子供の病気を改善したいという願いから始まり、2004年のは、現在のジェネシスヘルスケア株式会社の前身となる「日本ウェイトマネージメント」を共同創業したそう。

 

佐藤バラン伊里さんは日本語が流暢だそうですが、子供時代を含めアメリカでの生活が長かったことから、母国語は英語のようです。

また、過去に「佐藤芹香」という名前でメディアで活動しており、2004年に、自身が提唱した「遺伝子型ダイエット」が大ブームとなり、数々の女性誌や「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)にも出演するなど、一躍時の人となったそうです。

 

実際に2005年に出版した自身の著書「遺伝子型ダイエット」をアマゾンの評価を見てみたところ、5段階評価で、「4.4評価」ということでかなり評判は良いようです。

本の評判は良いのにも関わらず、今回の経歴詐称のせいでイメージが悪くなってしまうのは非常に勿体無いですね。

 

佐藤バラン伊里(芹香)の経歴詐称や「医師免許がない」疑惑の真相!?

さて、では佐藤バラン伊里さんは、経歴を詐称しているのでしょうか?

もし本当に詐称していた場合、医師免許がないのにも関わらず医師として活動しているということも考えられません。

そうなった場合、ジェネシスヘルスケアの代表を退任させられるだけでは済まなそうですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

まず最初に、佐藤バラン伊里さんの経歴で一番気になってしまうのが、

世界でもトップレベルの難易度であるコーネル大学の政治学部・医学部を同時に専攻し、たった21歳で卒業したという点ですね。

ただえさえ、東大よりも難易度が高いとされている大学を、政治学部・医学部の2つを同時に専攻し、21歳で卒業するなんて普通の人では絶対に無理ですよね。

もし、佐藤バラン伊里さんが天才的な頭脳を持っているのであれば、考えられるかもしれませんが、普通なら不可能なはずです。

 

これに関して、週刊文春の記事によると、

――アメリカでは医学部卒業に8年かかりますが、91年卒業なら21歳ですよね。本当に卒業したんですか。

15歳で私は大学生になった。小5と高1で飛び級しているから

――本当に医師免許を持っているんですか。

アメリカの医療制度をあなたたちは知らない。私は非常勤なので登録されていない。アメリカは医学部を卒業したら、全員医者になれるんです。日本のような国家試験はありません。医師として登録がなくても医師じゃないとはいえない

出典元:https://bunshun.jp/articles/-/37518?page=4

とコメントしており、小学5年生と高校1年生で飛び級しているため、なんと15歳でコーネル大学の政治学部・医学部に入学したそうです。

これが本当であれば、物凄いことですが本当に事実であるのか?流石に疑ってしまいますね。

 

アメリカは医学部を卒業したら、全員医者になれるんです。日本のような国家試験はありません。」とコメントしているようですが、実際に、アメリカにもUSMLEなどの医師国家試験はあるはずですよね。

なんだか無茶苦茶なことを発言していますが、本当に医師なのか?ますます疑いの方が強くなってしまうばかりです。

 

また週刊文春が、コーネル大学医学部の心臓外科医の責任者、心臓外科部長のオーティス・ウェイン・アイソム医師にも佐藤バラン伊里さんについて取材したそうで、

私は1985年から21年間ずっと、コーネル大学医学部で心臓外科医として奉職してきた。しかしそんな女性の名前は聞いたこともないし、そういう女性がいたこともない!

 現在私のもとに心臓外科医は数人しかいないし、日本人の、しかも女性の医師ならば過去から現在まで、絶対に忘れるはずはない。しかも彼女は年間多い時で300人の手術をし、現に今でも30人の手術をうちでやっていると言うんだろう。だが、そんなのはまったくありえない!

出典元:https://bunshun.jp/articles/-/37518?page=4

佐藤バラン伊里さんが、実際にコーネル大学に在籍していたという事実は全くないみたいですね。

また、コーネル大学医学部を卒業しただけで、すぐに心臓外科医になるなんて、まず不可能だそうで、心臓外科は外科のなかで最も難易度の高い手術を行うため、研修医を10年務めてやっとなれるレベルなんだとか。

 

さらには、佐藤バラン伊里さんは、

たまたま主人の仕事で日本に帰国して、子育てしながらのんびりしてたんだけど、遺伝子のことを教えてくれないかと声がかかって東大の非常勤講師をやっています。ただ東大はコーネルよりもレベルは低いですね(笑)

出典元:https://bunshun.jp/articles/-/37518?page=4

と東京大学で非常勤講師を務めているとのことでしたが、これに対して東京大学は、

医学部と薬学部に照会をかけましたが、佐藤芹香という人間に教鞭を取らせている事実はなく、非常勤講師としても採用した実態はない」(東京大学広報課)

出典元:https://bunshun.jp/articles/-/37518?page=4

というわけで、数々の場面で嘘だという事実が出てきています。

やはり経歴詐称している可能性は高そうです。もちろんあくまで、週刊文集の記事に掲載されていた内容であるため、実際のところは本当かどうかが現段階ではわかりませんが。

 

宮迫博之さんのYoutubeチャンネルでも明らかになりましたが、週刊誌の取材もかなり適当な面があるので、

実際にこのような取材が行われたかどうかも疑わしい面があるようですね。

一人の人間の人生を狂わせる可能性が高いため、なるべく週刊誌も確実に正しい情報のみを掲載することを心がけて欲しいと思います。

ネット上の反応は?