札幌雪まつり2019の日程や雪像会場は?おすすめ服装やグルメまとめ

北海道札幌市で開催される代表的な冬イベントといえば「札幌雪まつり」ですよね。

毎年、全国各地から約200万人以上が訪れ、大迫力な巨大雪像や氷像、大自然の中で雪と触れ合えるさっぽろ雪まつりは、大人から子供まで楽しめ札幌の冬のお祭りです。

 

今回は、

そんな「札幌雪まつり」の開催日程やイベント会場は?おすすめの服装やグルメは?などなど役立つ情報をまとめていきたいと思います。

[quads id=1]

2019年度 札幌雪まつりの開催日程やイベント会場は?

今年で第70回目になる「札幌雪まつり」

世界中からたくさんの観光客が訪れる日本の冬の代表的なイベントですが、気になる2019年度の開催日程はいつになるのでしょうか?

 

2019年度 札幌雪まつりの開催日程

大通・すすきの会場は、2019(平成31年)2月4日(月)~2月11日(月・祝)まで

つどーむ会場は1月31日(木)~2月11日(月・祝)まで

毎年2月に開催されるのですが、日程が微妙に異なるので注意が必要です。

 

2019年度 札幌雪まつりのイベント会場

札幌雪まつりのイベント会場は全部で3会場に分けられています。

基本的に3会場とも入場料無料なので誰でも気軽に訪れることができます。

  • 大通り会場
  • すすきの会場
  • つどーむ会場

 

大通り会場

会場場所:大通公園 西1丁目~西12丁目

開催時間:夜のライトアップは22:00まで

交通手段:地下鉄南北線、東豊線、東西線で大通駅改札を出たところすぐ

 

札幌雪まつりのメインとなる大通り会場。札幌の都心を横切る1.5キロメートルもある大通り公園には、巨大な雪像を含めさまざまな大きなの雪像を鑑賞することができます。

一般市民が製作した雪像コーナーや個性的な雪像、国際雪像コンクールなどが開催されおり、最近では迫力のある大雪像を使ったプロジェクションマッピングの上映も大人気です。

夜になると会場全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気が楽しめます。

この時期の夕暮れ時は16;00〜なので、22;00までのライトアップされている時間帯に訪れるのがオススメです。

 

また札幌大通り公園の象徴とも言える「さっぽろテレビ塔」から夜のライトアップされた会場を上から一望することができます。

さっぽろテレビ塔の入場料金

大人:720円 高校生:600円 中学生:400円 小人:300円

 

すすきの会場

会場場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道

開催時間:夜のライトアップは23:00まで(※最終日は22:00まで)

交通手段:地下鉄南北線すすきの駅の改札出たところすぐ

 

氷像のや彫刻がメインとなるすすきの会場。「氷の祭典」のと呼ばれる北海道最大の歓楽街の中心にたくさんの幻想的な氷像が立ち並びます。

氷の女王などの撮影スポットとしてのイルミネーションロードやアイスバーでは温かい飲み物が用意されています。他の2会場とはまた別の独特な雰囲気を楽しむことができます。

 

つどーむ会場

会場場所:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム 札幌市東区栄町885番地1

開催時間:09:00~17:00

交通手段:地下鉄東豊線栄町駅より徒歩15分ほど。他にも大通、栄町からシャトルバスが出ています。

 

雪で遊ぶがテーマのつどーむ会場。この会場では、北海道の大自然の中で雪でできたロング滑り台やスノーモービルなどの雪遊びを堪能することができます。

また、つどーむ施設内の室内スペースでは、大規模な休憩所や北海道各地のご当地グルメが楽しめるブースがあります。

ただ駅から会場まで少し離れており、開催時間も他の会場と比べて17:00までで終了してしまうので、なるべく早めに行くことがオススメです。

[quads id=1]

札幌雪まつりにオススメの服装と持ち物は?

札幌雪まつりが開催されるのは2月は、1年を通して考えても最も寒い時期です。

しかも真冬の北海道で行われるので、しっかり防寒対策をして行かなくては、あとあと後悔してせっかくの観光を楽しむことができなくなってしまいます。

そうならないためにも、どのような服装や持ち物が必要なのか?を紹介していきます。

 

札幌雪まつりが開催される時期の気温

服装や持ち物を確かめる前にまずは、2月の札幌の平均気温から見ていきましょう。

2月の気温 最低気温 最高気温 平均気温
札      幌 -10.9℃ 3.0℃ -2.8℃

こちらは、北海道札幌市の2016〜2018年の3年間の気温をもとにしたグラフになります。

札幌市の1、2月は年間を通しても最も寒い期間で、グラフを見てもわかる通り最高気温が3.0℃までしか上がりません。

それでいて最低気温が-10.9℃まで下がるので、2月の平均気温が-2.8℃ととても冷え込むのがわかります。

 

札幌雪まつりにオススメの服装

基本的に雪まつりでは、長時間、外を歩くことになるので、暖かい服装で行くことは絶対です。

ヒートテックなど防寒下着を着た上に、長袖Tシャツとセーターにダウンジャケットやコートを重ね着するなどしましょう。

コートも薄いコートではなく、スキーウェアやスノーボードウェアのような本格的な奴がいいです。

また帽子耳あて手袋も必要です。雪と触れ合う雪まつりなので手袋を忘れたら最悪ですからね。

 

靴下も短めや薄いやつだと足元が冷えてしまいます。長めの毛糸の靴下、ウール素材の靴下など暖かい靴下にすることをオススメします。

いい感じの暖かい靴下がない場合は、靴下を2枚重ねにして履くのもアリです。

もブーツや長靴などがあるといいかもしれませんね。ただ長時間歩くことを考えたら歩きやすい靴が一番いいです。そのぶん足元の寒さは靴下でカバーするようにしましょう。

札幌雪まつりにオススメの持ち物

雪まつりにオススメの持ち物は、

  • 使い捨てカイロ
  • テッシュペーパー
  • 靴の滑り止めスプレー
  • 折り畳み傘

使い捨てカイロは言うまでもなく持っていたら暖かいのであったら便利です。

外に長時間いることになるので、鼻がかめるテッシュペーパーもないと困ります。

他にも雪道を歩き慣れている人は大丈夫ですが、基本的に滑るので危険防止のために靴の滑り止めスプレーがあると安心です。

また途中で雪が降ったりする可能性もあるので、気になる人は折りたたみ傘があるといいでしょう。

 

札幌の美味しいおすすめなグルメは?

せっかく「食の街」でもある北海道札幌市に訪れるなら美味しいものを食べて帰りたいですよね。

そこで、新鮮な北海道産食材を活かした料理を楽しめるおすすめグルメを紹介していきたいと思います。

北海道のご当地グルメといえば、北海道ラーメンやジンギスカン、スープカレー、海鮮丼などが有名ですが、札幌でぜひ堪能してください。

 

札幌味噌ラーメン発祥のお店『味の三平』

住所:北海道札幌市中央区南一条西3丁目 大丸藤井セントラル 4階

営業時間:11:00~15:00/16:00~18:30頃 ※定休日:月曜・第2火曜

札幌雪まつりの大通り会場の近くにある札幌味噌ラーメン発祥のラーメン店。野菜がたっぷり入った豚骨ベースの白味噌を使ったラーメンです。

 

海の宝石が溢れ出る海鮮丼『海味はちきょう 本店』

住所:北海道 札幌市中央区 南三条西 3 都ビル 1F

営業時間 :【月~土】18:00~翌0:00(L.O.23:00) 【日・祝】17:00~23:00(L.O.22:00)

多くのメディアに取り上げられるほどの人気店。この店の名物の「つっこ飯」はこれでもかっていうほど大量のイクラを持ってくれる海鮮丼です。

 

創業が昭和29年の老舗『札幌ジンギスカン だるま』

住所:北海道札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル1F

営業時間:17:00~03:00(L.O. 02:30)

創業60年になる老舗。毎日欠かさず新鮮なお肉が仕入れられ、臭みもなく美味しいラム肉を楽しむことができます。

お店独自の秘伝のタレにつけても食べればすぐにやみつきななります。

 

札幌で唯一無二の異次元スープカリー店『イエロー』

住所:北海道札幌市中央区南三条西1-12-19 エルムビル 1F

営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)

札幌の数あるスープカリー店の中で唯一、高圧釜を使用したスープカリー店。

136℃3.2気圧で素材の旨味をしっかりと凝縮したスープは他では味わえないほど濃厚でまろやか。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、札幌雪まつりの開催日程やイベント会場の他さまざまなな役立つ情報をまとめていきました。

まとめると、

  • 大通・すすきの会場は、2019(平成31年)2月4日(月)~2月11日(月・祝)まで、つどーむ会場は1月31日(木)~2月11日(月・祝)まで
  • イベント会場は、大通り会場とすすきの会場、つどーむ会場の3会場
  • オススメの服装は長袖Tシャツとセーターにダウンジャケットやコートを重ね着など暖かい服装、他にも手袋や帽子、靴下も厚手の物。
  • オススメの持ち物は、使い捨てカイロ、テッシュペーパー、靴の滑り止めスプレー、折り畳み傘など。

以上になります。

しっかりと事前に準備して万全の状態で参加してくださいね。

今回はここまで!ぜひ参考にして見てください。