千葉・野田市で栗原勇一郎容疑者が心愛さんを虐待し殺害か?事件の真相や虐待内容がヤバい!

1月25日、千葉県野田市で小学4年生の娘・栗原心愛(10歳)さんを虐待した容疑で、栗原勇一郎容疑者(41歳)が逮捕されました。

救急隊員らが心愛ちゃんを発見した時にはすでに死亡が確認されており、県警は栗原勇一郎容疑者の暴行と関係があるかどうかを調べているようです。

 

もしこれが本当であれば、大変信じられない事件ですよね。実の娘を虐待し、さらには殺害した可能性があるなんてどういう神経をしているのか理解ができません。

今回は、この事件の真相についてや虐待内容、また栗原勇一郎容疑者Facebookがあるのかについて調べていきたいと思います。

 

[quads id=2]

 

千葉・野田市で栗原勇一郎容疑者が心愛(10歳)さんを虐待し殺害!?

千葉県野田市山崎のマンションから1月24日の午後11時過ぎに、「娘と風呂場でもみ合いになった」と110番通報が入ったそうです。

救急隊員がかけつけると、小学4年生の栗原心愛(10歳)さんが浴室で服を着た状態で倒れており、すでに死亡していたよう。

この事件により、県警は1月25日に栗原勇一郎容疑者を虐待した容疑で逮捕しました。

現在は、今回の心愛ちゃんの死亡事件と勇一郎容疑者の虐待との関係性を調べているようです。

 

また、県警によると、24日午前10時頃~午後11時20分頃のなんと約13時間もの間、

栗原勇一郎容疑者は心愛さんに対して、服を着たまま冷水をかけたり、首を引っ張ったり、首回りを両手でわしずかみにし擦り傷などを負わせ虐待したようです。

心愛さんには致命傷となるような大きな外傷はなかったようですが、体には複数の古いあざみたいなのが残っており、過去に虐待を受けていた可能性も見ています。

 

とっても悲しい事件ですね。心愛さんも本当に怖かったのではないでしょうか。

まさか13時間もの間、実の父親に暴力を振るわれるなんて考えただけでも恐ろしいです。

ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

 

栗原勇一郎容疑者のプロフィール

名前  栗原 勇一郎
本名  くりはら ゆういちろう
年齢  41歳(2019年1月時点)
住所  千葉県野田市山崎
職業  サラリーマン
勤務先  沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所

栗原勇一郎容疑者の家族は、妻(31歳)と次女(1歳)、そして今回亡くなった心愛ちゃん(10歳)との4人家族です。

一見、普通の家族のように思えますが、まさかこのような事件に発展してしまうなんてとても残念ですね。

勤務先やFacebookなど詳しい情報は今の所まだ明らかになっていません。

まあごく普通の一般人であるため、特定するのは難しそうですね。

 

栗原心愛(みあ)さんのプロフィール

名前  栗原 心愛
本名  くりはら みあ
年齢  10歳(2019年1月時点)
住所  千葉県野田市山崎
職業  小学4年生

”心愛”でどのように読むのか最初わかりませんでしたが、これで”みあ”と読むようです。

とても素敵なお名前ですよね。

心愛さんは、昨年の1月に現在通っていた市立二ツ塚小学校に転校。

音楽の授業が好きで、頑張り屋さん。学級委員長を務めていたそうです。

 

小学校の校長先生は、

「頑張り屋で学級委員長を務め、穏やかに友達と接していた。本当に残念で、悲しい思いでいっぱい」

出典元:千葉日報

とコメント。

また以前、心愛さんが通っていた小学校の教頭先生も

「とてもいい子で、友達と一緒に明るく生活していた。転校する時は、友達みんながさみしそうにしていた。こんなことになり、非常に残念」

出典元:千葉日報

と話していたようです。

 

[quads id=1]

栗原勇一郎容疑者の犯行動機とは?

では、栗原勇一郎容疑者が心愛さんに虐待をした犯行動機とはいったいどのようなものだったのでしょうか?

報道では、

「生活態度をめぐって口論になり、もみ合いになった」「しつけの一環だった」

出典元:Yahoo!ニュース

と供述しているようです。

たとえ、「しつけの一環」だったとしても流石に今回の事件はどう考えてもやりすぎですよね。

 

おそらく、日頃の仕事場や家庭内、金銭面などいろいろなストレスが溜まっていて、娘に当たってしまったのかもしれませんね。

とはいえ、たとえどんな理由でさえも虐待は許されるべきではありません。

しかも、それが原因で死なせてしまったとなったら、もう取り返しのつかないことをしてしまったことに間違いないでしょう。

栗原勇一郎容疑者には、しっかりと償ってもらいたいですね。

 

栗原勇一郎容疑者の虐待はいつから?

心愛さんは栗原勇一郎容疑者からの虐待はいつから受けていたのでしょうか?

報道によると、心愛さんが現在通っていた小学校の話では、

欠席は月1回程度で、保護者面談には両親がそろって足を運び、栗原容疑者は運動会などの学校行事にも熱心に参加するなど、虐待を疑うような兆候はなかったと話していました。

 

しかし、栗原勇一郎容疑者の虐待は決して今回の事件が初めてではなかったようです。

県警によると、心愛さんの遺体には複数の古いあざのようなものが見つかっているようです。

また、前の2017年11月には、以前通っていた小学校のいじめアンケート調査で「父からいじめを受けた」回答。

その後の聞き取り調査で「たたかれるといった暴力を受けている」などと、具体的に虐待を受けていたことを話し、児童相談所が一時保護していた過去があったようです。

 

少なくとも虐待は去年の11月から行われていた可能性が高いですね。もしかしたらそれ以前から日常的に暴力受けていたのかもしれません。

 

児童相談所での生活をしていた際、心愛さんが父親について「怒ると怖い」「お母さんがいない時にたたかれる」などと話していたそうです。

しかし、その後、心愛さんは勇一郎容疑者のもとに戻されると、児童相談所は一度も家庭訪問をせず、そのままにしていたそうです。

今回の事件は、このような児童相談所の対応の悪さも1つの原因だったのかもしれませんね。

 

栗原心愛さん1月は学校に通っていなかった!?

 

どうやら、心愛さんは今年の1月7日始業式から小学校を欠席していたそうです。

欠席理由は、「冬休みから沖縄に行ってそのままそこに滞在するため1月いっぱいはお休みする」と学校に栗原勇一郎容疑者から連絡があったようです。

これが本当なら相当長いこと沖縄に行っていることになります。

ただこの理由はあまりにも不自然すぎますよね。それに、実際に心愛さんが発見された現場が、千葉県野田市山崎の自宅マンションなのもおかしいです。

 

もし、本当は沖縄などに行っていなくて、心愛さんが自宅で勇一郎容疑者から虐待を受け続けていたのだとしたらかなりヤバそうです。

心愛さんに実際に何があったのか?一体どれぐらい虐待を受けていたのか?早く明らかになるといいですね。

 

追記:その後、捜査関係者によると、栗原容疑者の母親(妻)は今回の事件の調べに対して、

今年になってからは沖縄ではなく、千葉にいた」「事件の前にも夜中に娘を起こして立たせることがあった。やめてと言っても聞いてはもらえなかった」などと話しているそうです。

どうやら栗原容疑者は学校に嘘の連絡をして学校を休ませていたことが明らかになりました。

 

また、心愛さんの母親は栗原容疑者の虐待に対して「やめて」と言っても聞いてもらえず、抵抗できなかったようです。

ただ、心愛さんが亡くなってしまうほどのひどい虐待をしていたのであれば、母親ももっと抵抗するべきでしたよね。

最悪、自宅に警察を呼ぶなどしてでも止めるべきだったのに、それができずただ呆然と見ていたのであれば、母親も栗原容疑者と同然のことをしていたのと同じだと思います。

 

[quads id=1]

栗原勇一郎容疑者の事件現場はどこ?

今回の事件で、心愛さんが見つかったのは自宅マンションの浴室ということで、事件現場は栗原勇一郎容疑者の自宅マンションだということが判明しています。

 

さらに、自宅マンションは千葉県野田市山崎であることも明らかになっています。

GoogleMapで見るとこちら!

今の所、より詳しい住所やマンション名などはわかっていません。また新しい情報がわかり次第更新していこうと思います。

また、マンションの近くに住む近隣の4歳と2歳の子を持つ男性会社員(41歳)は、

「近くでひどいことが起きているとは思わなかった。許せることではない」

出典元:千葉日報

と声を震わせコメント。

 

隣のアパートに住んでいる40代の女性は

「数年前から毎日のように女の子の泣き声が聞こえました。最近はつぶれたような声になっていて怖かったです。聞こえるのは決まって夕方で、24日も夕方ごろ、女の子の『ぎゃー』という泣き声と、男性の声で『うるさいって言ってんだろ』というどなり声が聞こえました。近所に住む知人は、女の子が夜中に外に1人で立って、寂しそうに携帯ゲームをしているのをよく見たと話していました。幼い尊い命が失われて本当にかわいそうです」

出典元:NHK NEWS WEB

 

心愛さんと同級生の娘を持つ女性は

「あいさつができて、いつもにこにこしていてとてもかわいい子でした。学校にはほとんど来ていませんでしたが、休んでる理由はわかりませんでした。栗原さんの家は赤ちゃんがいるから、インターホンを鳴らさないでと言われていて、遊びに行ったことはありませんでした。心愛ちゃんがうちに遊びに来たときは、あざなどは見当たらず、虐待を受けているという話は聞いたことがありませんでした。亡くなったと聞いたときは信じられなかった。もし知っていたら助けてあげたかった」

出典元:NHK NEWS WEB

など近隣の人たちのコメントを見つけることができました。

 

やはり以前から虐待と疑わしき声などが近隣の人たちには聞こえていたそうです。

助けてあげられなかった不甲斐なさなど色々と思うところはありそうですね。

 

今回の虐待事件のネット上の反応