木津英喜(いぶき・父親)容疑者の顔画像流出!犯行動機はヤバい!木津屋の評判は良かった!?

7月7日午前1時前、東京都荒川区東尾久4丁目にある和菓子店「木津屋」の和菓子店の業務用の冷蔵庫の中から、女子大学生の木津いぶきさんが死亡しているのが発見されました。

その後、事件発覚から約4時間後に父親である木津英喜さんが、さいたま市岩槻区の河川敷で、木に首をつった状態で死亡しているのが発見されました。

 

どうやら木津英喜さんは、事件発覚前に家族に「娘を店で切った。死にたい。」などと電話し、その後連絡が取れなくなってしまったようです。

そこで今回は、殺された木津いぶきさんと父親・木津英喜さんの事件との関係性や、犯行動機について、また経営していた和菓子店「木津屋」の評判などについて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

木津英喜容疑者が娘・木津いぶきを殺害し自殺か?


7月7日午前1時前、東京都荒川区東尾久4丁目にある和菓子店「木津屋」の和菓子店の業務用の冷蔵庫の中から、女子大学生の木津いぶき(18)さんが死亡しているのが発見されました。

報道によると、木津いぶきさんは、冷蔵庫の中でかがんだ状態で見つかり、目立った切り傷はなく、首を絞められた痕があったそう。

 

それから約4時間後に、和菓子店を経営する父親の木津英喜容疑者(43)が、さいたま市岩槻区の河川敷で、首吊り自殺をしているのが発見されました。

木津英喜容疑者は、7月6日の夜に家族に「店で娘を切った。死にたい」「手首を切って死ぬ。川に沈んで死ぬ」などと電話で話し、その後連絡が取れなくなったようです。

 

その後、6日午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟は「父が自殺しようとしている」と110番しています。

木津英喜容疑者の家族は、娘のいぶきさんと弟、妻の4人家族で、英喜容疑者は、6日午後4時半ごろには、妻に「仕事が終わった」と連絡していたとのこと。

 

なんとも悲劇的な事件ですね。父親が実の娘を殺害し、そのまま自殺してしまなんて。

そのまま罪の意識を感じて自殺してしまうあたりから、計画的な犯行をいうよりも、突発的な事故的な要素もありえそうですね。

経歴していた和菓子店「木津屋」も人気店だったようで、とても残念に思います。

木津いぶきさん遺体発見現場は和菓子の人気店「木津屋」

木津英喜容疑者が娘の木津いぶきさんを殺害したの現場が、英喜容疑者の経営する和菓子店「菓匠 木津 屋」という和菓子屋さん。

おそらく自身の経営するお店で、娘の木津いぶきさんを首締め殺害してしまい、その後、お店の業務用の冷蔵庫に隠したと思われます。

また、遺体が見つかった際には、シャッターが閉まり、「都合によりしばらくお休み致します」と張り紙がしてあったよう。

場所は、東京都荒川区東尾久4-33-7にあり、日暮里舎人ライナーの熊野前駅や赤土小学校前駅から徒歩10分ほどに位置しており、アクセスもいいです。

お店の評判もまずまずで、特にあんドーナツが人気で、上品なあんこがぎっしりと詰まっていて美味しいとのことです。

また、定番の和菓子から創作系の和菓子まで幅広いラインナップで、明治神宮にもカステラを献上しているほどの老舗の和菓子屋でもあるそうでなんだか残念ですね。

 

木津英喜容疑者の遺体が発見された自殺現場は?

娘の木津いぶきさんが発見され、その約4時間後に木津英喜容疑者が遺体となって発見されたのが、さいたま市岩槻区の河川敷でした。

木津いぶきさんを殺害した和菓子店「菓匠 木津 屋」からは、

約30キロほど離れており、、高速道路を使って30分、一般道だと1時間ほどかかる距離に位置しています。

木津英喜容疑者は、娘のいぶきさんを殺害した後、現場近くの荒川区内ではなく、オートバイクを使いさいたま市岩槻区まで移動し、自殺を図ったようですね。

 

おそらく娘を殺害してしまい、頭が真っ白になり、そのままさいたま市まで行き、耐えきれなくなって自殺してしまったのではないでしょうか。

途中で家族に電話して「死にたい。」「川に沈んでしぬ。」などと話していたそうですが、その時にはすでにこの岩槻区の河川敷にいたのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

木津英喜容疑者の顔画像・プロフィール

さて今回、娘であるいぶきさんを殺害してしまった木津英喜容疑者は、一体どのような人物だったのでしょうか?

木津英喜容疑者の顔画像

木津英喜容疑者は、ごく普通の一般人ですが、和菓子店「木津屋」を経営しているオーナーでもあるため、Googleストリートビューに写り込んでいる姿が確認できました。

その画像がこちら!

暗くて少し見づらいのですが、おそらくこの写っている人物が木津英喜容疑者であることは間違いなさそうです。

この画像自体は、2015年に撮影されたものであるため当時39歳のときのものとなります。

とても娘を殺害してしまうような人には見えませんが、一体何があったのでしょうかね。

木津英喜容疑者のプロフィール

名前 木津英喜(きづ ひでき)
年齢  43歳(2019年7月時点)
職業  和菓子店「木津屋」のオーナー
住所  東京荒川区東尾久8丁目
家族構成 娘・息子・妻の4人家族

 

木津英喜容疑者の評判は?

娘を殺害してしまった木津英喜容疑者ですが、ご近所からの評判はどうだったのでしょうか?その人物像について見ていきたいと思います。

すごくいいんじゃないの家族は。(父親は)まじめな人。朝早く来て、夜遅くまで働いている

すごく優しくて回りから慕われている感じ。みんな頼りにしていた

とても腕のいい職人さん。すごい子煩悩、お店やりながら子供と一緒にチョウチョ育てたり

出典元:Yahoo!ニュース

調べてみると、ご近所の人からはとても評判がよく、真面目で優しく、周りからも慕われている人であったそうです。

一方、いぶきさんの評判も見てみると、

(いぶきさんは)きれいなほっそりとしたバレエやってる子だなって感じ。おうちの中で荒れてるような感じは全然見えなかった。

(木津いぶきさんはどういう子?)おとなしくて少し暗かったので、友達づきあいも少なかった気がする

(木津いぶきさんはどんな人?)おとなしい感じで、礼儀正しかったですよ。おうちのことも手伝ってたんじゃないかな、ごみ捨てとか。お手伝いしてえらいなって

お父さんのことをちょっと悪く言っていた。『帰ったら(父が)いるから嫌だ』と聞いた。

出典元:Yahoo!ニュース

いぶきさんの方も評判は良かったそうで、大人しく、礼儀も正しい子だったようです。

ただ少し暗く友達づきあいはあまり得意な方ではなかったそう。

また、帰ったら(父が)いるから嫌だなどと、父親の英喜さんとは、少し上手くいっていない一面もあったとのことです。

 

木津英喜容疑者の犯行動機は?推測をしてみた

現在のところ木津英喜容疑者が娘のいぶきさんを殺害した犯行動機はわかっていません。

ただ、殺害した直後、家族に「店で娘を切った。死にたい」と発言していることや、数時間後に自殺してしまったことから、

ある程度、計画的な犯行ではなく、事故なのか突発的な行為なのかはわかりませんが、誤って殺害してしまった可能性があることは予想できます。

 

また、いぶきさんも英喜さんのことを影で帰ったら(父が)いるから嫌だと話していることもあり、そんなに関係性が上手くいっていなかったことも考えられます。

おそらく7月6日の夜に、木津いぶきさんと英喜さんは、和菓子店「木津店」の営業が終わったあと、何かしらのトラブルとなり、興奮した勢いで、首を絞めて殺害してしまったのではないでしょうか。

 

もちろんいぶきさんを殺害してしまったことは許されるべきことではないですが、親子の感情の高ぶりから誤って怒ってしまった事故だとしたら、なんだか悲しい事件ですね。

ネット上の反応は?