キム・カーダシアンのKimono(着物)の海外の反応は?商標登録されるのか?日本を侮辱と批判殺到!?

2019年6月25日、お騒がせセレブとして何かと有名なキム・カーダシアンが、自身の矯正下着ブランド『Kimono』をリリースすることを発表しました。

しかし、これに対してネット上では、ブランド名の『Kimono』は、「このブランド名が認められたら本来の着物という存在が薄れていく」「日本の伝統を侮辱してる。」「日本人として不快感しかない。」などと批判の声が殺到。

現在、キム・カーダシアンはブランド名『Kimono』の商標登録を申請していることが報じられており、実際に商標として認められるのか?といった部分にも注目が集まっています。

 

そこで今回は、キム・カーダシアンの矯正下着ブランド『Kimono(着物)』についてや海外の反応、また実際に商標登録されるのかなどについてまとめていきたいと思います。

 

[quads id=2]

 

キム・カーダシアンが矯正下着ブランド『Kimono(着物)』を発表!?

キム・カーダシアンさんの言えば、米国のお騒がせセレブとしても有名ですが、そんな彼女が今回新たに矯正下着ブランドを発表しました。

そこで、問題となっているのが、そのブランド名『Kimono』です。

すでにキム・カーダシアンは、この『Kimono』の商標登録を申請しているそうですが、これが認められてしまうと、日本の着物という伝統文化にとって何かと問題が生じてくるように感じます。

 

実際に、日本だけでなく海外からもこの『Kimono』というブランド名に対して多くの批判の声が殺到。

ネット上では、「このブランド名が認められたら本来の着物という存在が薄れていく」「日本の伝統を侮辱してる。」「日本人として不快感しかない。」などと、あまりよく思っていない人が多いようですね。

 

現在、カーダシアン自身はこれらの批判に対してなんの反応も示していない状況です。もし、本人が批判を受け入れ、『Kimono』を変更するということになったら嬉しいのですが、、

 

キム・カーダシアンの『Kimono(着物)』は商標登録されるのか?

さて、キム・カーダシアンさんは、現在、ブランド名『Kimono』の商標登録を申請している段階で、実際に商標として認めれたわけではありません。

では気になるのが、Kimono』が本当に商標として認められるのか?といったところですよね。

実際に認められてしまった場合、日本の文化や伝統である着物の価値が下がってしまうのでは?といった懸念もありますが、本当に商標登録されるなんてことあるのでしょうか?

 

『Kimono』と言えば、当然、日本の着物を連想させるワードですが、日本では、商標登録する際に、指定商品に対して”着物”などの普通名詞化している言葉は商標として登録できません。

これは、アメリカも同様で一般名詞として扱われているワードは登録できません。

実際に、”KIMONO”と言う言葉は、英語でも緩めのロングガウンやジャケットを表わす一般名詞として使用されており、商標にはできないのでは?といった疑問もあります。

 

しかし、重要なのが商標にできる普通名詞(一般名詞)か否かの判断はあくまでも指定商品に対してであると言うことです。

つまり、”Kimono”と言う言葉は、衣類に関する商品には商標にできないですが、文房具やコンピューターなど全く関係のない商品には登録することができるようです。

例えば、誰もが知っているAppleという会社ですが、この会社が、果物を指定商品として商標登録することはできませんが、コンピューターなどを指定商品として商標登録することは可能だそうです。

 

つまり、キム・カーダシアンさんの下着ブランド『Kimono』も衣類を指定商品として商標登録することはできませんが、指定商品をランジェリー類に限定して対応した場合、商標として認められる可能性があるということなのです。

審査経過をよく見ると、KIMONO Intimates社側は被服の指定商品をランジェリー類に限定して対応しており、「ランジェリーはkimonoとは全然特性が異なるので一般名称ではない」と主張しているので、登録されてしまう可能性もないとは言えなさそうです。

出典元:Yahoo!ニュース

 

決して不可能ではない『Kimono』の商標登録。

今後、万が一『Kimono』が承認された場合、日本の会社が、海外で「KIMONO」という名称を使った商品の販売が難しくなるといった懸念もあり、実際にされるかどうか今後の行方が気になりますね。

下着ブランド『Kimono』に対する日本人の反応は?

下着ブランド『Kimono』に対する海外の反応は?

当然、日本では、キム・カーダシアンさん下着ブランド『Kimono』に対して批判の声が多く、個人的にも正直、日本の伝統的な着物の名前を下着の商標に使っては欲しくないなといった感想です。

一方、海外では、今回の『Kimono』という名前の商標に対してどのような反応を見せているのでしょうか?

ざっくりとまとめてみました!

  • とても文化的に重要な衣服の名前を商標として下着の名前にするのは不快だわ。
  • これは酷い!名前を変えて
  • これは“着物”ではない!商標登録はやめるべき
  • 注文すんのが待ち遠しい
  • 不快だわ
  • 最悪すぎる
  • 素晴らしすぎる
  • 本当にキムに失望してる。
  • 着物の名前を採用するべきじゃない
  • キムはいつも最高のアイディアを持ってる
  • 注文ボックスに入れるわ
  • 最高!
  • これは失望した
  • 美しすぎるアイディア
  • 着物は下着じゃない
  • 欲しい!
  • 名前を変えて!
  • 着物はひとつです。こんな名前を付けるべきではない
  • あなたは日本の文化に敬意を払っていない
  • もっといい名前を考えて
  • クソが
  • これは激しく間違ってる
  • あなたの下着ブランドは他の下着と全く同じ

ざっと調べてみたところ。

一番多かったのが、「Change the name(名前を変えて)」といったコメントでした!やはり海外でも日本の伝統的な着物を下着ブランドの商標として採用するのには批判的なようですね。

ただ中には、キム・カーダシアンの下着に対して好意的な反応を見せているコメントも見られました。(おそらくキム・カーダシアンさんの熱狂的なファンの方のコメントが多い気がしますが、)

 

また、一部のユーザーには、「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中には、「下着じゃありません!」なんてコメントも多く見かけられました。

「#KimOhNo」とは、発音をほぼそのままに「Kim, Oh no(キム、それはないよ)」という意味を含ませたハッシュタグであり、海外でも多くの反響を呼んでいることがわかります。