自称・長谷川薫容疑者は国籍は韓国で京都在住!?本名や経歴など調べてみた!

2019年4月26日、秋篠宮家の長男の悠仁さまの通うお茶の水女子大学付属中学校にて、悠仁さまの机に2本の果物ナイフが置いたとして自称・長谷川薫容疑者が建造物侵入の疑いで逮捕されました。

平成から新元号・令和に移り変ろうとしているこの時期に、このような事件を起こし、何かテロ活動のような動きにも思えますが、

一体何が目的でこのような事件を起こしたのか?気になりますね。

また、長谷川薫容疑者は、「自称」という風に名前を報道されており、どうやら本名ではないようなのです。

そのため、ネット上では様々な憶測が飛び交っており、実は国籍は韓国の在日日本人なのでは?といった噂も流れております。

そこで今回は、自称・長谷川薫容疑者の国籍が韓国?現在は京都在住?といった噂の真相や本名・経歴など、事件の犯行動機についてもまとめていきたいと思います。

 

[quads id=2]

 

悠仁さまの机に刃物を置いたとして自称・長谷川薫容疑者を逮捕!?


秋篠宮家の長男である悠仁(ひさひと)さまが通うお茶の水女子大付属中学校に何者かが侵入し、悠仁さまの机の上に果物ナイフが2本が置かれた事件で、

警視庁は今月29日、住居、職業不詳、自称・長谷川薫容疑者(56)を建造物侵入の疑いで逮捕しました。

 

捜査関係者によると、今月26日昼ごろ、お茶の水女子大付属中学校の教室内にある悠仁さまの机の上に、

棒状のものにテープで巻き付けられた刃物2本が置かれているのが発見され、刃の部分はピンク色に塗られていたそうです。

 

周辺の防犯カメラを確認すると、26日午前10時50分ごろ、青色っぽい作業着でヘルメットをかぶった中年の男が工事関係者の格好を装い、侵入したよう。

当時の時間帯は、悠仁さまの学級は教室の外で授業を受けており、教室は無人だったそうで、悠仁さまとの直接的な接触はなかったそうです。

結局、11時10分ごろに学校を出る姿が確認されており、午前10時半ごろには、別の場所から来て正門の前を通り過ぎる様子も映っていました。

警視庁はこれらの防犯カメラの映像などを分析して捜査し、29日、男を神奈川県平塚市内で発見し、逮捕したそうです。

 

長谷川薫容疑者は、「中学に入ったのは間違いない」と容疑を認めているそうで、なぜこのような犯行を行ったか気になります。

学校に侵入して約20分の間に果物ナイフを置き、構内の構造を把握していたことから、かなり計画的な犯行のように思えますね。

 

長谷川薫容疑者の事件の犯行動機は?

さて、今回、長谷川薫容疑者が起こした不可解な事件の犯行動機とはなんだったのでしょうか?

報道では、現段階で、その理由は明らかになっていません。

しかし、平成から新元号である令和に移り変ろうとしてるこの時期に、このような事件を起こしたのですから、何やらテロのような可能性も伺えます。

というのも、実は平成の改元時にもいくつものテロが起こっており、

その数はなんと143件も!

中には、警視庁の独身寮が爆弾で狙われる事件が何件も起き、死者も出たほど。

また、天皇即位の礼当日には、爆弾や迫撃弾による攻撃や放火など、過激派のテロやゲリラなどの事件が全国で40件も起きたそう。

 

というわけで、令和に移り変ろうとしているこの時期は、テロ活動は物凄く激しくなる可能性があるようです。

 

また、警視庁によるとおそらく反皇室の過激派や左翼が起こしたなんらかのメッセージである可能性が高いとのことです。

「平成から令和へ、改元直前の犯行ということで、ほぼ間違いなく、思想犯。包丁を置くという行為が、秋篠宮殿下に対する脅しのメッセージだろう」

「思想犯でも右か左か、絞り込めていない。防犯カメラの映像と似た風貌の過去の思想犯をデータベースからリストアップしている。学校内には防犯カメラがたくさん設置されており、作業着姿の男の映像はバッチリ写っているようだ。ただ男はヘルメットをかぶっており、顔がわかりにくい。街宣活動などで上京した思想犯などが関わっていないか、宿泊施設も捜査している。また、この日は併設の小学校で保護者会があり、それが終了して、校門に人が多い時を見計らって、問題の不審者が入り込んでいるようだ。内部事情をあらかじめ知っていた人物の犯行ではないか?」

確かに、わざわざ学校に侵入して、悠仁さまを直接傷つけるわけでもなく、ただ机に刃物を置いて帰ったところから普通の犯行ではないような気がします。

また、置かれていたのが、棒状のものに刃物が2本巻き付けられてあったことや、その刃物がピンク色で塗られていたこと、これらの点も何かのメッセージである可能性が高そうですね。

 

追記:2019年5月8日、捜査関係者によると長谷川薫容疑者は、犯行動機に関して「刺そうと思った」と供述していること明らかになりました。

さらには、天皇制や皇位継承の在り方を批判するような発言もしているそうです。まだ今のところ思想団体への所属などは見つかっていないよう。

もしこの発言が本当だとしたらかなり危ない状況でしたね。最悪の事態が起こらなくてよかったです。

しかし、そうだとしてなぜ悠仁さまの机に刃物を置いたまま立ち去ったのでしょうか。その辺が少し不可解な気がしますね。

自称・長谷川薫容疑者のプロフィールや経歴は?

名前  長谷川 薫(自称)
年齢  56歳(2019年4月時点)
職業  不定
住所  不定(以前は京都府在住)

逮捕されたのは、職業・住所不定の56歳男性。名前は、自称ですが長谷川 薫容疑者だそうです。以前は、京都在住だったそうですが、現在はどこに住んでいるかは明らかになっていません。

さて、そんな謎が多き長谷川薫容疑者ですが、一番気になるのは、報道によって表記されている名前が「自称」という点ですよね。

この「自称」というのは、本人の言っていることを警察や記者が事実確認を取れなかった場合に表記されるもののようです。

つまり、本人が、「自分の名前は長谷川薫です。」と発言していても、その証拠となる免許証やそれを証明するものが見つかっていないため、断言できないという状況だという可能性が高いです。

 

それにしても普通なら免許証や保険証などは持ち歩いているのが一般的ですよね。わざと身バレすることを恐れて持ち歩かなかったのか?だとしたら逮捕されることを覚悟していたのかもしれませんね。

まあ顔が全国ネットで晒されてしまったら意味ないと思いますが。

自称・長谷川薫容疑者は国籍が韓国で在日?

ネット上では、長谷川 薫容疑者が自称と表記されていることから在日なのでは?といった憶測が広がっています。

これは、マスコミ関係者に在日朝鮮人が多く、イメージや反感を恐れてあえて「自称」と表記して曖昧にしている場合や、

つい先日逮捕された俳優の新井浩文さんもそうでしたが、在日朝鮮人などの方が日本名を通名として使っているケースも多いことからもこのような考えに至ったのではないでしょうか?

新井浩文は在日韓国人!?本名は朴慶培(パク・キョンベ)で経歴や成り立ちなどまとめてみた

2019.02.05

 

実際に在日外国人の通名に関して、このような決まりがるようです。

通称名で法律行為を有効に行うことは。原則としてできない。
しかし在日外国人の通名は、居住する区や市町村への登録を条件として、住民票に記載され、法的な効力を持つ。
2016年現在の実務上、通名は登記などの公的手続に有効に使用することができ、契約書など民間の法的文書にも使用できる。
(単なる自称では、詐欺罪や文書偽造罪などに問われる場合がある)

本名ではなく、一つ、もしくは複数の通称名を名乗って生活することには、2016年1月の時点で法律的な制約はない

日本でより快適な生活を送れるように配慮されているのではないでしょうか。

特に在日の方などを、今はだいぶなくなってきましたが、どうしても嫌う人や差別をする人などがいるようですからね。

 

まあそんなわけで、長谷川 薫容疑者も自称となっていることから国籍は韓国では?在日?などと噂されてしまった原因です。

実際のところ何も根拠がないただの憶測なので本当かどうかはまだわかりません。

それにしても何かあると在日だの韓国人だのすぐ勘ぐろうとするのはよくないと思いますけどね。結局日本人だろうが在日だろうが行ったことは変わらないので、関係ないと思います。

 

韓国レーダー照射の韓国や海外の反応まとめ!反論動画やコラ画像歴史を捏造についても!

2019.01.07
[quads id=1]

ネット上の反応は?