「Goolge Stadia」日本は未定だがゲームの歴史が変わる新時代到来の予感!?

間も無く平成が終わり、新たな元号へと切り替わろうとしているこの時期に、ゲーム業界に革命を起こす新たなサービスをGoogleが発表してくれました。

2019年3月19日に行われたゲーム開発者向けイベント「GDC 2019」では、Googleが新サービスの『Stadia』という名のゲームプラットフォームを発表。

今回、GoogleでCEOを務めるSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏が、この『Stadia』という新サービスを公開したようですが、

この『Stadia』が今までのゲームの歴史が革命を起こすぐらいにヤバいと話題のようです。

 

ついにGoogleもゲーム業界に本格的に参入してくるようですね。

すでにインターネットを支配しつつあるGoogleですから、他のゲーム会社にはできないような新たなサービスが展開できるようです。

これは正直、ライバル会社になるであろう任天堂やソニーなどにかなり大打撃を与えるのではないでしょうか。

今後さらにゲーム業界の盛り上がりが楽しみになってきますね。

 

ということで、今回は、そんなGoolgeの新サービス「Stadia」についてどんなサービスなのか?詳しくまとめていきたいと思います。

 

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホが危険視されているがコスパも性能も最高すぎる!

2018.12.14
[quads id=2]

 

Goolgeの新サービス「Stadia」がゲーム業界に新時代をもたらすぐらいヤバい!?

2019年3月19日にわれたゲーム開発者向けイベント「GDC 2019 」で、Googleによって明らかにされたこの新サービス『Stadia

一体どのようなサービスであるのかというと、ゲームを利用するためのプラットフォームです。

簡単にいうと、任天堂やソニーが出している『Switch』や『PlayStation 4』のようなゲームをやるためのサービスやゲームをGoogleも提供するよ、と言っているわけです。

 

じゃあこのGoogleの新サービス『Stadia』が、他の任天堂やソニーなどのゲームと違ってどのような特徴があるのか?

これが凄いんです。今までのゲーム業界に革命をもたらすぐらい新しいサービスを提供してくれるそうですよ。

実際にまとめてみると、

Google新サービス『Stadia』の特徴

  • 処理がめちゃくちゃ早く負荷がかからない
  • あらゆるデバイスでプレイできる
  • ダウンロードなしで最速5秒でプレイできる
  • チートが使えない
  • ゲームとある瞬間をそのままシェアできる
  • 手軽に4K HDR 60FPSでYouTube配信できる
  • 配信中のゲームに視聴者が参加できる
  • 数千人単位でのマルチプレーが可能になる

ざっとまとめるだけでもこれだけの特徴があります。特に赤い文字の部分は今までにない革命的なサービスで、僕もこれからどうなるのかとてもワクワクしています。

それでは一つ一つ詳しく説明していきますね。

 

処理がめちゃくちゃ早く負荷がかからない

今回発表されたこの『Stadia』はゲーム・ストリーミングというサービスであるため、

ゲームをプレイする際にかかってしまう負荷の高い処理は、大きなサーバー郡に任せて、プレイ画面だけを動画のように自分の端末で処理しながらゲームをプレイすることができるため、ハードウェア面での問題の多くをサーバー側が解決してくれるそうです。

今ままでは、ゲームを使用する端末のハードウェアにかなり依存していた部分が多く、対応している端末をもっているかどうか、または持っている端末のスペックは十分に高いかなどの条件がありました。

しかし、これら全てがこのゲーム・ストリーミングというサービスによって解決されるというなんともありがたいサービスになります。

 

これはGoogleが本来持っているネットワークやデータセンターがあるからこそ成し遂げられる方法なのではないでしょうか。

 

あらゆるデバイスでプレイできる

上記で紹介したゲーム・ストリーミングによって、他にも色々なメリットがあるようです。

一つは、あらゆるデバイスや端末でプレイできるということ。

 

さっきも説明しましたが、ゲーム・ストリーミングによってプレイする端末のスペックなどにほとんど影響しないわけですね。

そのため、『Stadia』対応のハードウェアが圧倒的に多く、Windows、macOS、Linux、Chrome OSなどのパソコンOSはもちろんのこと、Chromecast Ultraを挿せばテレビでもプレイできるそうです。

さらには、Pixel Slateなどのタブレットや、Pixel 3といったスマホでもOK。

端末のスペックは全く気にせず大丈夫。と今までゲームをするとなるとハイスペックなPCや高価なゲーム機が必要でしたが、それが全く必要なし。

 

最悪手持ちのスマートフォンでもプレイできるというなんいうハードルの低さ。

言ってしまえば、世界中の多くの人たちが今すぐにでもプレイできるという状況になるわけですね。

 

[quads id=1]

ダウンロードなしで最速5秒でプレイできる

二つ目は、ゲームがダウンロードいらずで、最速5秒でプレイできるということです。

 

最近のゲームは、ダウンロードする際にかなり時間がかかるため、なかなかプレイできないなんてことがあります。

例えば、PlayStation 4のゲームをダウンロードする際や、スマホのゲームでも重いやつだとかなりの時間がかかってしまいますよね。

これがかなりイライラするわけです。さっさとプレイしたいのに!ってなります。

 

しかし、『Stadia』では、リンクを踏めば最速5秒でゲームが起動して、速攻プレイが可能。ゲーム自体のダウンロードもアップデートも一切なし。

しかもどんなゲーム画面であろうと、あらゆる端末に一瞬でプレイを移行できちゃうという利便性もあります。

例えば、家のPCでプレイ中だったけど、出かけなきゃだからスマホに移行なんてことも一瞬でできちゃうわけです。

これもかなり便利な特徴なのではないでしょうか。

 

チートが使えない

これはまあ小さなことですが、

『Stadia』は、ゲームをダウンロードするわけではなく、Googleのデータセンターから直で送られてくるので、チートができないという仕様になっています。

これはゲーマーにとっては、嬉しい情報なのではないでしょうか。

インチキやイカサマなし、で公平にゲームをプレイしていきたいですもんね。

 

[quads id=1]

ゲームとある瞬間をそのままシェアできる

ゲーム・ストリーミング・サービス『Stadia』のなかでもかなり注目していきたいと特徴の一つが、『State Share』という機能。

”State”とは状態を意味する単語ですが、

名前の通りそのゲームの状態やとある瞬間を(ゲーム世界の状態・プレイヤー位置・所持アイテムなど全て)そのまま他の人に共有することができちゃう機能。

しかも凄いのが「リンクを貼るだけ」でシェアできちゃう。

 

例えば、あなたがゾンビゲームをプレイしていたところで、めちゃくちゃいいところでこの場面誰かにシェアしたい!と思ったらそのプレイしてる状態をそのまま誰かに共有できる。

TwitterやLINEなどどこでもリンクさえ貼れば、それをクリックした誰もがその同じ状況を楽しめちゃうわけです。

 

これって今までになかったし、かなり面白い機能じゃないですか?

本当にこの機能が実現するのだとしたらまた新たなゲームの遊び方が生まれていきそうですよね。

 

手軽に4K HDR 60FPSでYouTube配信できる

さて、この『Stadia』という新サービスは、ゲーム実況にも新たな革命を起こす特徴があります。

それは、コントローラについているYouTubeシェアボタンを押すと、簡単に4K HDR 60FPSで配信ができちゃうということ。

しかも、プレイ中のパフォーマンスを維持したまま配信することができます。

 

今までだと、自分がプレイする端末がゲーム処理と映像配信の処理をしなければいけないため、高スペックのPCだったり2台目の端末を用意する必要がありました。

しかし、Googleが提供する『Stadia』というゲームサービスでは、配信用のリソースが瞬時に処理を開始してくれるので、その必要は全くなく、高クオリティーのまま配信ができるそうです。

世界中のゲームプレーヤーが一気にゲーム実況を行うハードルが下がるというわけですね。

 

配信中のゲームに視聴者が参加できる

ゲーム実況に革命をもたらす可能性のある特徴は他にもあります。

それは、ゲーム実況を配信中に視聴者がそのゲームに飛び入りで参加できるという「Crowd Play」機能。

これかなり面白くないですか?

現在、ゲーム実況というと配信者がゲームをプレイして、それを視聴者が見るという形が普通ですが、これが今度は視聴者もゲームに参加できるという本当に面白い機能があるようです。

 

これによって今後、ゲーム実況のかたちも変わっていきそうですね。配信者にアイテムをプレゼントできたり、逆にプレゼントしてもらったり、一緒にゲームを攻略していけるわけです。

マジでワクワクですね。プレイするのが待ち遠しくなりました。

 

[quads id=1]

数千人単位でのマルチプレーが可能になる

今回、Googleはこの『Stadia』というゲームサービスに今までの全ての技術をぶつけてくるそうです。

というのも『Stadia』には、従来のゲームでは比にならないぐらい高い処理能力を持ち合わせているようで、これによって、作れるけどプレイするには重すぎる『超美麗グラフィック』だったり、

将来的には8K 120+fpsなどの高画質なゲーミング、または数千人単位が同時に遊べるできるマルチプレイゲームなどが実現可能になるようです。

 

と、数千人単位が同時に遊べるマルチプレイなんて想像もつきませんが、かなり凄いことになってくるようですね。

さらに言えば、Googleは今や200カ国以上の国々で7500以上のクラウドの端っこ(エッジ)を走らせているので、やろうと思えば世界中のほとんどの人々が低遅延で高クオリティーで、マルチプレイゲームができるということになります。

Googleは世界規模のまたさらに先のゲーム世界についても見据えながら計画しているそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当に今からGoogleのストリーミングゲームサービス『Stadia』が開始されるのが待ち遠しくなるような内容だったのではないでしょうか。

現在、アメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパで2019年中のサービス開始を予定で、残念ながら日本での開始時期は未定

値段の方もまだ未定のようで、サブスクライブモデルなのか買い切りなのかもわかっていないようです。

まあそのうちすぐに日本でも開始されると思うので、楽しみに待つのがいいですね。

今後、どのようにゲーム業界が進化していくのかますます楽しみです。