【東員町首吊り自殺事件】女子中学生の自殺理由や場所は?顔画像や名前なども調査

2019年11月13日の夜、三重県東員町の公園で中学2年生の女の子が首吊り自殺しているのが発見されました。

最近、中高生の自殺する事件が絶えませんね。

とても残念なことですが、どうやら今回、自殺した女子中学生はジャージを着ていたという事で、学校帰りにそのまま自殺を図ったのでしょうか?

そこで今回は、三重県東員町の公園で起こった女子中学生の自殺理由や場所、顔画像や名前についても調査していきたいと思います。

 

三重県東員町の公園で女子中学生が首吊り自殺

2019年11月13日午後9時半ごろ、三重県東員町の公園を散歩していた男性よって、首吊している女子中学生が発見されました。

発見した男性は、「10代から20代くらいの女性が首をつっている」と消防に通報しましたが、病院に運ばれた約1時間後に死亡が確認されました。

警察の調べによると、女子中学生はジャージ姿で、服に書かれていた名前から、死亡したのは町内に住む14歳の中学2年の女子生徒だということがわかったそうです。

また、女子中学生は、公園の木の枝の高さ2メートルあまりのところにロープをくくりつけて首をつった状態で発見されたそう。

 

自分で紐をくくりつけて首を吊ったんだとすると、なんだかとても残酷ですね。

最後に何を考えて首吊り自殺を図ったのでしょうか、おそらくよっぽど生きることが辛かったのかもしれませんね。

 

三重県東員町の公園で首吊り自殺した女子中学生の動機は?

では一体、三重県東員町の公園で首吊り自殺しているのが発見された女子中学生の自殺理由はなんだったのでしょうか?

報道によると、遺書などは発見されていなく、自殺した当日の13日も普段通り登校しており、9月に行ったいじめの調査でも特に問題はなかったそう。

とはいえ、いじめ調査で確実にいじめがなったと断定することは難しいでしょうし、思春期の女の子のいじめですから簡単に見つかるかどうかわかりません。

学校内でのいじめによって自殺を図った可能性は十分に考えられると思います。

 

また、もう一つ考えられるのは、家庭内での何らかの問題があり自殺を図った可能性も考えられそうです。

本当に学校でいじめがなかったのであれば、こちらの方がありえそうですね。

ジャージ姿で自殺を図ったことから、おそらく学校帰りでしょうし、家に帰りたくなくてそのまま自殺を図ってしまったのかもしれません。

まあ理由はどうあれ、誰かが彼女の異変に気付いてあげれさえずれば、彼女の命を救えていたかもしれませんね。

女子中学生が首吊り自殺した三重県東員町の公園はどこ?

さて、女子中学生が首吊り自殺した三重県東員町の公園はどこだったのでしょうか?

調べてみたところ、どうやら

三重県員弁郡東員町笹尾東2丁目9−7に位置する笹尾中央公園だということがわかりました。

ネオポリスの中央に位置する笹尾・城山地区を代表する公園でもあるそうです。

地元の人のツイートからも分かる通り、笹尾中央公園である可能性が高そうですね。

こんな綺麗な公園で中学生の女の子が自殺してしまったと考えるととても残念に思います。

三重県東員町の公園で首吊り自殺した女子中学生は誰?

続いて、三重県東員町の公園で首吊り自殺した女子中学生の人物像についてみて行きたいと思います。

報道によると、未成年ということもあり、詳しい顔画像や名前などは公開されていませんが、三重県東員町の近くに住む町立中学2年生の女子生徒だそうです。

今後、もしかしたら新たな情報がリークされるかもしれないので、明らかになり次第更新していこうと思います。

 

首吊り自殺した女子中学生の中学校は?

首吊り自殺してしまったのは三重県東員町の近くに住む町立中学2年生の女子生徒ということですが、一体どこの中学校に通っていたのでしょうか?

報道では、以下の画像の中学校に通っていたことが明らかになっています。

また、三重県東員町の町立中学校は、第一中学校と第二中学校しか存在しないそうで、

上記の画像から中学校の外観や、自殺現場となった笹尾中央公園の距離を考慮すると第二中学校では?といった推測がされているそうです。

 

東員町立東員第二中学校の外観がこちら

やはり外観からして東員町立東員第二中学校である可能性が高そうですね。

東員町立東員第二中学校のネット上の口コミを見ると、やはり田舎の中学校ということもあり、目立ったいじめやトラブルはなかったといったコメントが多く、治安は良い印象を受けました。

もしかしたら自殺してしまった理由は、いじめではなく、何か女子中学生自身の個人的な悩みがあったのかもしれませんね。

 

ネット上の反応は?