元ももクロ有安杏果の彼氏は児島直樹(アプリコット代表)と特定!48歳医師と結婚前提の交際!?

2月6日、元ももいろクローバーZの有安杏果(23歳)さんが自身のTwitter上で、一般男性の医師と結婚前提で真剣に交際をしていることを公表しました。

また、同時に今後は個人事務所の『アプリコット』という会社に所属し活動していくそうで、交際相手がその代表を務めているようです。

すでにネット上では、交際相手である彼氏の特定がされており、杉並区の高円寺にある「あんずクリニック」の院長の児嶋直樹さんではないか?とされているようです。

そこで、今回は、有安杏果さんの交際相手である児嶋直樹さんのプロフィール・経歴や有安さんのももクロ引退理由について、ネット上の反応もまとめていきたいと思います。

 

元ももクロの有安杏果さんが彼氏と結婚前提に交際!?


元ももいろクローバーZの有安杏果(23歳)さんが、6日に自身のTwitterで彼氏と結婚前提で交際をしていることを発表しました。

さらに驚くべきなのが、その彼氏が48歳の医師であり、有安さんが今後活動を進めて行く個人事務所『アプリコット』という会社の代表も務めているそうです。

いきなりの発表でファンの方もびっくりなニュースでしたが、どうやら週刊誌の記者にいきなり取材されたそうで、不正確な情報が広まることを恐れ、今回の発表に至ったそうです。

変に隠されるよりは、自分から堂々と発表してくれた方が気持ちがいいですね。

 

その有安杏果さんの実際のツイートがこちら!

医師であり、個人事務所・アプリコット代表である彼氏さんは、有安杏果さんとは20歳以上も離れている48歳の方で、お父さんでもおかしくない年齢ですよね。

ただ、交際する前から医師としてメンタルのサポートなどをしてもらっていたらしく、以前んから親密な関係だったようです。

メンタルケアなんかされてたら嫌でも好きなっちゃいますよね。

 

有安杏果さんの彼氏が児島直樹さんと特定!?

今回の報道で明らかになっている彼氏さんの情報が多く、また医師でアプリコット代表という有力な情報もあるため、有安杏果さんの彼氏が誰かが特定されているようです。

特定された人物は、杉並区の高円寺にある「あんずクリニック」の院長である児嶋直樹さんという方であるということがわかりました。

 


有安杏果さんの彼氏が『あんずクリニック』の院長って(笑)、と思ってしまいましたが、おそらくたまたまでしょう。

あんずクリニックは、主に心療内科、精神科などの医療機関みたいですね。

また、株式会社アプリコットという会社は数年前までは、医療コンサルティングなどを手がける会社だったようですが、最近は、芸能コンサルティングなど、芸能に関する事業も加わってきているようです。

これは有安さんの影響でそうなったのかもしれませんね。

 

また、有安杏果が交際宣言後、児島直樹さんが院長を務めている高円寺の『あんずクリニック』から姿を見せる様子が目撃されていたようです。

 

有安さんが新高円寺の駅へ入っていく様子が映っていますが、「あんずクリニック」も新高円寺近くにあるのでほぼ確定でいいんじゃないでしょうか。

児島直樹さんのプロフィール・経歴は?

芸名  児島 直樹(こじま なおき)
年齢  48歳(2019年2月時点)
生年月日  1970年?月?日
出身  大阪府
職業  あんずクリニック院長
職業  株式会社アプリコット代表取締

有安杏果さんの彼氏さんといっても普通のごく一般人であるため、現在明らかになっている情報は少ないようです。

しかし、児島さんについて詳しく調べたところ、あんずクリニックの公式HPに細かな経歴学歴が掲載されていたので、まとめていきたいと思います。

【2003年】

  • 東京医科大学医学部卒業
  • 田附興風会 医学研究所 北野病院 勤務
  • 大阪大学大学院医学系研究科
  • 精神医学教室入局

【2005年】

  • 国立精神
  • 神経医療研究センター 勤務
  • あんずクリニック院長

経歴自体はかなり昔のものになってしまいますが、それなりにすごい経歴の持ち主のようですね。

 

また、あんずクリニックを設立後は、株式会社インテリジェンスの統括産業医に就任。

今回、有安杏果さんのために設立した株式会社アプリコットの代表取締役にも就任するなどしているようです。

さらには、児島直樹さんは、年間50回もセミナー・講演会などを行なっているようで、

有安杏果さん以外にもコブクロスキマスイッチなどの超大物アーティストたちのメンタルサポートもしている超凄腕な医師さんのようです。

 

事業家としても医師としても実力があり、確かにこれは有安さんも惚れちゃいますよね。

有安杏果のももクロ引退理由は彼氏との交際か?

有安杏果さんは、1年前にももクロ引退を発表後、休養期間を経て、今年1月に自身のTwitterでソロ活動スタートさせることを発表しました。

同時に、2019年3月24日(日) には、EX THEATER ROPPONGI で東京公演。27日(水)では、なんば Hatchで大阪公演を行うことが決まっています。

しかし、ファンの間では1年前に「普通の女の子として生活したい」といってももクロを引退したのにも関わらず、わりと簡単に芸能界に復帰したことで有安杏果さんに不信感を抱く人もいるようです。

また、中には「彼氏ができたから引退したのでは?」と勘ぐる人出てきています。

しかし、有安杏果さんはももクロ時代、ライブのリハーサル中やライブ前に何度も体調不良となることが多々あり、また撮影現場から突然逃げ出すこともあったそうです。

「もともと有安は、リハーサル中やライブ前に過呼吸を起こすことが多々ありました。他のメンバーはスタッフ以上に有安さんの不調に慣れていて、突然リハーサル室からいなくなったりしても、顔色ひとつ変えない。そこはメンバーのプロ意識が高いというよりは、有安さんの不調が日常茶飯事だったため、メンバーは慣れてしまったんだと思います。生放送中に突然、撮影現場から逃げ出してしまったこともあって、この時もメンバーは『いつものことか』みたいな感じで、冷静に対処していたといいます」(芸能界関係者)

出典元:Business Journal

ももクロのグループ内でも他のメンバーと騒いだりすることもなく、メンバーからは「独りが好きな子」と認識されており、いつも独りでいることが多かったそう。

なんだか、ももクロ自体に上手く馴染めていなかったようですね。

 

そんな有安杏果さんですが、大学へ入学するとある変化が生まれたそうです。

有安さんは、カメラ専攻の学科へ進んだそうですが、メンバーも驚くほど本気で打ち込んでいたようで、撮影現場にいるカメラマンさん色々相談していたようです。

自分のカメラを持ってきては、どうやったらもっと上手く撮れるかなど色々質問していたみたいです。

そんなわけで、歌以外にも自分がやりたいことが見つかり、芸能界でやりたいことはもうなくなったと感じたのが本当の理由ではないでしょうか。

 

ネット上の反応は?